ジョー編終了、『RAINBOW 二舎六房の七人』祝福の第19話感想

 前回からの続きになります。

 「ウェスタンフェスティバル」に出場できることになったジョー。会場にて待つメグ。
 しかしジョーは坪内たちの襲撃を受けてしまいます。助けに走るシゲオ。
 
画像
 「CRIME 19. Reunion」です。

 助けに駆けつけたマリオ・キャベツ・スッポンの3人。
画像
 ジョーを助け、会場へと向かいますが、
画像
既にステージは終了してしまっています。
画像

 マネージャーからも見捨てられてしまいます。
画像

 ジョーはスッポン達に言われ、ステージで歌うことに。
画像
 そんなジョーに奇跡が……!
画像

 妹と再会できたジョーですが、歌手への夢は捨てません。
画像
 希望を胸に一から出直します。

 
 良かったねー、良かったよー。おめでとう、ジョー。ガンバレ、ジョー。

 
 今回はキャベツ超強かったですね。
画像
画像
画像
 ビクともしない。

 こういうタフなキャラってカッコイイですよね。俵文七とか花山薫とか。
 次回からは、そんなキャベツ回っぽいです!
画像

"ジョー編終了、『RAINBOW 二舎六房の七人』祝福の第19話感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント