『TVアニメ「Angel Beats!」Original SoundTrack』視聴感想

 Amazonで注文したのに発売日になっても届かない……Konozama。
 と思っていたら、注文したつもりになって、注文してませんでした。Amazonさんスミマセン。m(_ _)m

 というわけで急いで注文。やっと手に入れました。
画像

 『Angel Beats!』には反感的な私ですが、音楽は手放しで賞賛します。

 今回はミニマル・ミュージック(音の動きを最小限に抑え、パターン化された音型を反復させる音楽。:Wikipediaより)の手法を取り入れているとのことで、今までのkeyサウンドとはまた違った魅力が堪能できます。
 
 PVや作中で聴いていても良い曲が多いと思っていましたが、サントラで聴くとさらに魅力が倍増です。サントラ用に編曲されていますし、サントラ自体が一つの作品といえる出来です。アニメ本編よりも良作品ではないかとすら思えてしまう。
 

 かなり良曲揃いで抜粋が難しいぐらいですが、その中でも特に好きなものを何曲か。

・theme of SSS
 いわゆる「PV6の曲」と言われていた曲ですね。『AIR』の「夏影」や、『CLANNAD』の「渚」などkey作品を象徴する名曲たち。この曲もそんな内の一つではないかと思います。
 上に続いて、あんまりこういう言い方は良くないとは自覚しているのですが、最終話を観るよりもこの曲を聴く方が感動するぐらいです。


・memory
 思い出のシーンで流れる曲です。作中で聴くよりも、より一層良い曲に聴こえます。懐かしくて、切なくて、感情を揺さぶられます。

・decisive battle
 「PV4」で使われた曲のリミックスで、音無と天使が初めて会った時の曲ですね。音のズレがカッコ良くて、「キター!」っていう感じがします。


・worthy rival
 野田登場のシーンでよく流れていた曲です。暑っ苦しくて馬鹿っぽい感じのカッコ良さが好きです。

・kanade
 天使、立華かなでの曲です。幻想的な雰囲気と、そこからの盛り上がりはダーマエらしく、それでいて今までにない新しさがあって魅力的です。


 本当にkeyサウンドは魅力的です。
 気が早いですが、『Rewrite』も楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック