『あそびにいくヨ!』ツッコミ所の多い第5話感想

 第4話からの続きです。
 さらわれてしまったエリスと騎央、2人を助けに向かうアオイと真奈美。2人をさらった「子猫の足裏」の教祖とは?そして、キャーティアとは敵対関係にあるらしい「犬」の宇宙人たちも介入してきます。

 そんな第5話「たすけきにました」の感想です。
画像
 
 内容としては、やや駆け足な印象のある回で、欲を言えばもう少しジックリ描いてほしい気もしました。それと全体的に作画がやや崩れていたように思います。

 が、それ以上に今回はB級臭とツッコミ所が多いです。ネタとして良い意味で。


 冒頭からB級臭なナレーションから入り、

 一発で中国人だと分かる謎の日本語を話す武器屋の主人とか、
画像
 アシストロイドの小ささを見慣れているために、妙にシュールに感じる絵面だったり、
画像
 最近じゃ逆に見ないぐらいコテコテにオカマな監督とか、
画像
 アオイのオッパイが残念過ぎとか、B☆RS」みたい……、そういえば中の人が同じ。 
画像
 騎央のこの格好は誰得なのか?とか、
画像
大真面目っぽくやりながら、ちょこちょこ笑わせてくれますw

 

 アントニアも、『迷い猫オーバーラン!!』の梅ノ森千世みたいな、「かまってちゃん」的なカワイさがありそうです。今後どう活躍するのかに期待です。
画像
 「全てを持っていても、何も持っていないのと変わりはしない……。」
 そういえば前にジャッキー・チェンが「何でも持ってはいるけれど、何にも満足はできない」みたいなことをインタビューで言ってた気がします。人それぞれ悩みはあるってことですかねー。


 なおEDではちゃんと友情出演が表記されました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック