ラブラブな2人よ永遠に!『アマガミSS』第4話「レンアイ」感想

 森嶋はるか編最終話です。

 キャラ毎のオムニバス形式を採用しているため、ドロドロとした展開やハーレム展開など無くて、終始2人のラブラブとした展開で終了しました。
 原作未プレイなので、いくらか不明な点や急な印象の展開もありましたが、それは今後のキャラの話で補完されたりもするのでしょう。
画像
 なんでクリスマスにオデン売ってるの?


 凛々しい顔の橘さん。「先輩はいいんですか!?」
画像
 ズキューーーン!!!「覗かなくちゃいけなかったのかー!!!」
画像
 橘さんがちょこちょこ笑わせてくれてグッドです。
 橘さんは没個性っぽいデザインかと思いきや、『アマガミ』に重要なスパイスを加えるキャラを持ち合わせているようなので、今後にも期待したいです。


 しかし「覗くなよ!?」の「振り」は中々キツイ。
画像



 森嶋先輩の気持ちを表す描写なんかが、伏線としてもう少しあれば、
画像
もっと胸キュンな要素も増したかな?とも。




 そして、「10年後」というサプライズ。
画像

 10代のように若々しい二人。
画像


 むせ返るほどラブラブな二人。幸せにな!コノヤロー!
画像

 この手の展開のお約束として、「2人の間の子供」というのを彷彿としたのですが、そういった描写はありませんでした。



 当初から言われてはいましたが、4話だとちょっと短いというか、森嶋先輩に愛着が沸いてきたぐらいで終わってしまったので、それが少し寂しい気もしました。

 次回からは、棚町薫編スタートです。
画像

 
 ヒロイン毎に話がリセットされるので、ある意味続きが気になるんですよねぇ~。
 凄い気に入ったヒロインとかいれば、オムニバス形式のため、その部分のDVDだけ買うということもできます。
 オムニバス形式が今後のギャルゲー系のアニメ化での常套手段となるか、『アマガミSS』の成功如何にかかっているのかもしれません。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック